電気料金

問題はそれだけに留まらず、その報道が全国に流れる事で「福島県、またその近辺の県における農作物は安全に問題がある」という認識をされてしまい、途方もない風評被害を生み出しました。そして、何よりその苦しみを生み出したのが、福島第一原子力発電所の事故に伴う様々な影響です。福島の原発事故によって全国各地の原子力発電所のほとんどが停止状態となった事などを理由に、東京電力は電気料金の値上げを行うと発表しました。この日を境に、日本の全てが変わったと言っても、決して過言ではないでしょう。

2011年3月11日。また、農家の人達の被害も甚大です。その最たる例が、電気料金の値上げです。そして、事故のあった福島第一原発の近くにいた人達はもちろん、それ以外の地域に住む人達にも、その悪影響は忍び寄っています。

農作物に基準値以上の放射能が含まれた場合、その農作物は市場に出す事ができません。放射能汚染の恐れがある地域に住んでいた人は、自宅を離れて避難所で生活する日々を強いられ、日常を取り戻す事すらままならない状況となりました。 震災によって、日本の電気事情は大きく変動する事となったのです。

震災以降、常に報道で取り上げられてきている原発事故ですが、その波紋は各方 面に広がっていきました。まず、なんと言っても近隣住民。東日本大震災におけ る被害は、行方不明者と犠牲者を足した約2万人という数字に留まらず、現在生 活している多くの人達を苦しめる事になりました。今でも仮設住宅に暮らしていて、 新しい住居のメドが立っていない人もたくさんいるのです。




東日本大震災の発生以降

東日本大震災の発生以降、電気に関する報道は常に行われてきました。これは震災後、政府が冷温停止状態を発表するまで、継続的に行われていました。事故の後、再発防止のため日本で稼働していた原子力発電所のほとんどは停止し、それまで生み出していた電力の供給もストップする事になりました。これだけの規模を誇る発電所のほとんどが稼働しなくなった事により電力不足が発生し、場合によっては需要が供給を上回ると危惧された結果、節電の呼びかけが行われるようになったのです。

日本の原子力発電は、全体の発電の30%を占めています。また、春頃になって浮上してきたのが、節電への呼びかけです。そういった声が聞こえてくるようになりました。あるいは、電気の使用量を抑制するための値上げ。

まさに、これこそが東日本大震災後における最大の「余震」といえるのかもしれません。電気使用量の抑制になるというのも、必ずしも的を射た言葉というわけではないでしょう。節電により電気の使用量が減るため、それを補うための電気料金値上げ。とはいえ、実際問題として、電力不足と電気料金の値上げを直結する事はできません。

そういう意味では、この頃から既に電気料金にまつわる「揺れ動き」は起きていたといえます。そして、 日本における全エネルギー消費に対する原子力の割合は11%。最初に行われたのは、福島第一原子力発電 所に関する情報の伝達。そして、この節電こそが電気料金値上げのトリガーとなります。 現在は1.5倍に電気代が引き上げられてしまい、家計的に負担がかなり増えてしまいました。 増税も重なり、家庭への負担は増えていく一方なのが現状なのです。


電気料金は断続的に値上げ

震災以降、電気料金は断続的に値上げしてきました。そして、燃料費調整制度という理由に対する懐疑的な見方も、同様に反発の原因となっています。さらに、その後には家庭向け電気料金の値上げも行う旨が発表されました。その値上げ幅は、企業向け電気料金に関して平均で17%という、かなり大きなものです。

簡単にいえば、材料費によって電気という商品の値段を細かく決めるという事ですね。それによって、これまでは比較的静かに行われていた「電気料金の値上げ」に関しても、大きな注目を集めるようになったのです。 多くの中小企業にとって死活問題となりかねない額という事で、不満が噴出しました。燃料費調整制度というのは、燃料費の世界市場における価格変動に伴い、燃料費調整単価制度に則って電気料金の単価を算出し、その数字によって料金を上下動させるという制度です。

これによって、東京電力をはじめとした日本の電力会社は電気料金を決め、場合によっては値上げや値下げを行うというのが、電気料金の基本的な仕組みでした。そして、2012年4月より、その「燃料費調整制度」を理由とした大幅な電気料金の値上げが行われる事が、東京電力より発表されました。これは「燃料費調整制度」という理由で行われており、震災と直接結び付ける事はありませんでした。

最大の理由は、当然ながらその値上げ幅の大きさ。2011年 の震災以降、国民の電気料金に対する意識はかなり強まり、毎月料金をチェックする人が急増しました 。しかし、この値上げに関しては、反発の声がかなり上がっています。 原発というのはそれだけ便利なものではありますが、危険なものでもあるのです。未だに反対の人も 多くいます。


相互リンク
後遺障害



企業向け電気料金の値上げ

企業向け電気料金の値上げが実施されるのです。また、大きなニュースとなったのが「情報掲示の不備」です。 情報面の不備に関する指摘も、多くの人によって行われています。たとえば、対象となる企業に関してもそうですね。

この平均17%の電気料金値上げに関しては、その4月が更新時期ではない企業に関しては、値上げを拒否する事ができるはずなのに、報告書にその旨が記載されていないという事態が判明したのです。拒否する事で、電気料金の継続的な据え置きという事は不可能ですが、次の契約更新時までの電気料金は据え置き可能となり、かなりの差額が生まれます。最大の理由は急激な値上げにありますが、それだけが原因ではありません。実際、反発には相応の理由がありました。

あくまで平均なので、企業によっては18、19、あるいは20%以上の値上げが行われる可能性もあります。しかし実際には、そこまでの契約電力ではない工場などにも料金値上げの請求が行われている事が判明しています。東京電力が2012年4月以降における企業向け電気料金値上げの対象としたのは、「契約電力50kw以上の企業、事務所」です。この決定は、多くの反発を生みました。

その値上げ幅は、平均で17%。こういった事も、反発を招く原因となりました。震災以降、注視されてい た電気料金の値上げに関する問題ですが、いよいよ2012年4月、それが現実のものとなります。そのため、「 対象が曖昧ではっきりしない」という不満が噴出しました。 国の対策としてよくあるパターンですよね。このような不満が噴出することはこのような際に当たり前のように 起きる事なのです。


平均的な電気代

一般家庭における平均的な電気代は、月に6,500円ほど。その割合は未確定ながら、平均10%程度になる事が予想されているようです。2012年の値上げは、その電気量料金部分が値上げする事になります。企業向け電気料金の値上げと併行して、家庭向け電気料金の値上げも行われる事が、東京電力によって発表されています。

これが10%上がっても、ほとんど負担にはなりません。ですが、電力量料金部分が値上げとなると、その電気料の大半が値上げ対象となります。そのため、かなりの額の値上げが行われる事は、間違いないでしょう。たとえば、多くの家庭が契約している「30A」の場合、基本料金は800円程度。

実施時期も7月と言われており、各家庭にとっては頭の痛い事態となっています。単純計算だと、月に950円、年間10,000円以上の負担を強いられるという事になります。ただ、実際には、この単純計算のようにはなりません。これを「4人家族」という括りにすると、平均電気代は月9,500円にまで上昇します。

電気料金の値上げは、基本料金部分(固定)になるのか、電力量料金部分(使用電力により変動)になるのか、あるいは 両方になるのかによって大きく変わってきます。しかし、これは核家族化によって一人暮らしの人が多い事で、ある程度 抑えられているという点もあります。この「10%」という数字は、かなり大きな値上げ幅です。過去最大の値上げとな る可能性が極めて高く、家庭の生活費を圧迫する事は間違いありません。ただでさえ消費税があがり、大変な時期に電気代までも がアップするのです。これは間違いなく、消費者の生活に大きな問題を与えることは間違いありません。



電気料金が決定

逆にいえば、それ以外の理由で値上げするケースはかなり稀です。これらの費用を元に、電気事業法および経済産業省令によって定められた規律に従い、電気料金が決定します。それによって火力発電をはじめとした別の方法での発電が必須となり、原子力発電の材料であるウランよりコスト面で不利な石油や石炭に頼る事になります。様々な要因によって価格が変動する電気料金ですが、その中で大きな注目を集めるのは、「どうして値上げするのか」という点ではないでしょうか。

まず、電気料金の決定方法ですが、基本的には「費用」に比例します。値上げが行われる理由は、この点にあります。では、電気料金が値上げする具体的なメカニズムを検証してみましょう。そのための費用もかなり必要としています。

つまり、値上げが行われるケースは、上記の費用の中のどれかが上がった場合に行われるという事になります。震災によって原子力発電所のほとんどは停止状態を余儀なくされ、2012年3月には「北海道電力泊原発3号機」を除く国内全ての原発が停止しました。そして、そのほとんどのケースで要因となるのが原料費、つまり電気の燃料です。電気というと、生み出された電気をそのまま管理しているだけという印象を持たれがちですが、実際にはこの世にある様々な商品と同じで、製造・加工を行い、消費者が利用可能な状態にする必要があるのです。

「燃料費調整制度」に代表される電気料金の調整は、この燃料の価格の変動によって行われます。 具体的にいうと、電気を生み出すための原料費、それを加工して電気にするための製造費用、 出来上がった電気を消費者の元へ届ける送電費用です。費用というのは、「電気を生み出すため に必要とする経費」です。では、東日本大震災は、その稀なケースに当てはまるのでしょうか。 非常に当てはまるかどうか考えるのにこの東日本大震災はよい例になると思います。



相互リンク